記事一覧

中国へ渡航してきました。

ファイル 911-1.jpg
9月18日から22日まで、民進党の議員連盟である「日中21世紀の会」のメンバーで、今期で引退をされる横路前衆議院議長を団長に、中国を訪問してきました。途中の北京からは、党の若手の皆さんとも合流したのですが、突然の衆議院解散を控え、衆議院の皆さんは、すぐに帰国という事になりました。私たちは予定通り、昨日まで民間シンクタンク、民間起業家、政府関係機関の方達と様々な皆さんと北朝鮮問題、日中問題、経済状況の今後等々様々な意見交換をさせて頂きました。
北京は、二度目の訪問でしたが、環境、公害問題は大きな課題として相当の努力をされているようで、暖房が入る前の良い季節であったこともありますが、以前とは比べものにならないほどのきれいな空気でした。それにしても、スケールの違う国で、新幹線の駅の大きさや空調設備、アクセスの良さには、ビックリしました。
今や、年配者も含め、多くの方達は、現金を持たず、全てが携帯機器による決済をしているとのこと。街中も、自伝車も携帯による利用、小さな商店での買い物も携帯機器決済です。自家用乗用車も古いものはほとんど見られません。
行って見なければその変化は、わからないものです。

解散総選挙、政治の私物化を許すことなく、世界を見ながらこの国の将来を構築できる人を選ばなければ。