記事一覧

離党にあたって

5月7日、ゴールデンウィーク明けの今日、民進党への離党届を提出して、同日付で立憲民主党への入党届を提出しました。
昨年の衆議院総選挙以降、様々な再編の動きの中で国民主体の政治を創ることを第一に、まして安倍政権の政治の私物化という大きな問題に対処するためには野党が結束して事に当たるべきとの思いで皆さんと議論をしてきましたが、残念ながら新党結党を7日にという結論の中で、自分の心情とご支援をいただいている方たちとの意見交換の結果、今回の決断に至りました。
戦後すぐの生まれの私としては、現憲法の基本的理念を揺るがすことには反対であり、まして今までの労働運動の中で培ってきた政策は立憲民主党を立ち位置とすることが一番であると判断をしたものです。今後、私がなさねばならないことについては、今までと変わることはありません。新しい党の中で、基本を揺るがすことなく活動を続けていきたいと思います。
ご支援をいただきました皆様、今後も引き続きご指導いただけますようお願いいたします。

ファイル 932-1.jpg