■地域住民のための公共サービスを
参議院議員 相原久美子
2012年10月1日

 

 臨時国会開会までの閉会期間を利用し、ようやく各地の仲間の皆さんのもとへお邪魔させていただいています。私からは、まずはご無沙汰してしまったことをお詫びし、政権交代から今までの活動や現在の政治課題等をお話ししています。▼現在の政権運営に対しては、どこでも大変厳しいご意見をいただきます。しかし、方向転換は間違いなくできたのです。とある自治体では、民主党政権での交付税回復によって、財政再建団体一歩手前から、黒字財政へと転換できたとの話を伺いました。▼力不足故に改善されていない課題はありますが、地域住民のための公共サービスをより良いものとするため、公共サービスを支える仲間の皆さんのため、自公政権下では間違いなく実現できない政策を一つひとつ創っていきます。