■地方自治体臨時・非常勤職員問題ワーキングチーム

参議院議員 相原久美子
2012年5月11日

 

 4月に入ってから「地方自治体臨時・非常勤職員問題WT(ワーキングチーム)」の役員会を開催しています。
このWTは、民主党政策調査会総務部門会議のもと、2011年の4月に設置されたものです。その目的は、地方自治体の臨時非常勤等職員に、①非常勤職員への手当(一時金、退職金)を支給する、②パートタイム労働法の趣旨を地方自治体へ適用する、③任期の定めのない短時間勤務職員制度を導入する等の課題について、民主党としての提言を取りまとめ、政府の政策に反映させていくことにあります。
2011年9月の野田内閣の発足以降、目的を達せられないまま活動を停止していましたが、今回新たに役員メンバーを入れ替え、再出発することとなりました。なるべく早く、何らかの提言ができるよう、頑張っていきたいと思います。