■臨時・非常勤職員問題解決をめざしガンバロー!
参議院議員 相原久美子
2012年11月1日

 

10月29日、公務員連絡会地方公務員部会主催による「10・29 地方自治体に働く臨時・非常勤職員の処遇改善、雇用安定を実現する法整備を求める院内集会」が国会内で開催され、大勢の仲間の皆さんが集結しました。▼臨時国会招集日と重なり、本会議の合間をぬって駆けつけた超党派の国会議員一人ひとりにとって、参加者からの「生」の訴えと会場の熱気、そして直近の自治労調査で明らかになった「公務現場で非正規が3割超え」という数値報告は、この問題の深刻さを直に受け止める好機となったことと確信しています。▼臨時国会は11月末までの33日間。会期の長短にかかわらず、私の原点の一つである臨時・非常勤職員問題の解決を目指し、仲間の皆さんの力をいただきながら、真摯に取り組んでいきます。