■参議院内閣委員長として、決意も新たに!
参議院議員 相原久美子
2012年11月11日

 

先日から第181回臨時国会が開催されています。▼しかし参議院では、野党が野田総理の所信演説を聴取する本会議開催を拒否。所信に対する「質疑」ではなく、27年ぶりとなる「緊急質問」という奇策が採られました。先の常会で問責決議が可決されているとはいえ、「開会しても仕事せず」では参議院議員自らが“参議院不要論”を唱えるに等しい行為ではないでしょうか。▼波乱含みのスタートの中、私は今国会から参議院の内閣委員長という重責を拝命しました。内閣委員会は、自律的労使関係確立のための国家公務員制度関連四法案や国家公務員の雇用と年金の接続に関する法律案、そして公平性のある税徴収のためのマイナンバー法案等、重要案件が附託される見通しです。委員会における真摯な議論を経て、より良い成案を得られるよう努力をしなければと決意も新たにしているところです。