■公共サービスの拡充をめざし共に闘いましょう!
参議院議員 相原久美子
2012年11月21日

 

11月16日、臨時国会の会期を残し衆議院が解散、参議院も閉会となりました。▼この間、全国を廻り民主党に対する厳しいご意見を頂戴しました。もちろん、受け止め反省しなければならない点は多々あります。しかし、実施してきた政策は国民生活を着実に変えつつあります。それは、社会的に不利な立場に置かれている方達の視点に立った方向転換だということです。▼強い者だけが生き残る政治に戻してはなりません。戦争をできる国にしてはなりません。人権を無視する国にしてはなりません。技術論ばかりで覚悟のない旧政権に時計の針を戻す訳にはいかないのです。▼民主党としては厳しい選挙戦になることは間違いありません。しかし、私たちがめざすべき社会をつくるため、来る衆議院総選挙で全ての仲間の議員が必勝するべく、全力で闘います。