■公営競技にかかわる地域雇用を守っていきます!
参議院議員 相原久美子
2013年5月11日

 

国会開会中の現在、少しでも公務の時間があけば、全国へ伺っています。あちこちの公営競技の仲間のみなさんの元へもお邪魔しています。▼公営競技は、戦後の復興のための多額の売り上げを自治体財政に拠出してきました。時代の流れと共に、相当厳しい運営を余儀なくされている中で、がんばっている現場の状況をお聞きしています。▼公営競技場は、車券、馬券等を売る方々から警備、清掃、運営、売店とかなりの数の地域雇用を支える職場です。また、高齢者のみなさんの交流の場となっている面もあります。そして、北海道日高地方をはじめとする馬産地の重要な産業でもあります。何としても関連する地域雇用を守っていかなければなりません。▼いま全国の仲間のみなさんから、千羽鶴をたくさんいただいています。ありがとうございます!