カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ログ検索

最近の記事

全国の仲間のみなさん、12年間、本当にありがとうございました!
2019年07月28日
参議院選挙スタート!「岸まきこ」元気いっぱいに出発です!!
2019年07月04日
国会最終日
2019年06月26日
幼保無償化の前提に実施すべきこと
2019年05月09日
引き続き、子ども・子育て支援法改正案質疑です。
2019年04月25日

過去ログ

子ども・子育て支援法改正案の質疑が始まりました


4月18日、参議院内閣委員会での子ども・子育て支援法改正案の質疑が始まり、私も質問に立ちました。そもそも今回の法案は、政府・与党が2017年の衆議院選挙で突然として打ち出した「2020年までの幼保無償化」を実現するための法改正ですが、そもそも無償、無償と言っても全てではなく、3~5歳の施設利用料を無償化するという限定的なものです。食材費や通園費等の利用者負担がなくなるわけではありません。そこにまやかしを感じずにはいられません。もちろん幼保無償化の政策事態を否定するものではありませんが、私たち立憲民主党は、まずは保育を必要としている全ての子ども達に安心で安全なサービスが利用できるよう、待機児童問題を解消することに予算を充てるべきとの考えに立ち、法案審査に臨んでいます。子ども・子育てをめぐる諸課題を少しでも解決し、前進させていくため、丁寧な法案審査を行っていきたいと思います。

子ども・子育て支援法改正案の審議前の午前中の内閣委員会では、先日、当然の辞任で大臣の交代劇があった新任の東京オリンピック・パラリンピック担当大臣の所信に対する質疑として、そもそも大臣の果たすべき役割について質しました。

2019年04月18日

警察法改正案の質問に立ちました


3月28日、参議院内閣委員会で、警察法改正案の審議で質問に立ちました。今回の改正内容は、警察庁の組織について、(1)内部局である警備局に「警備運用部」を新設、(2)地方機関である7管区警察局のうち、中国と四国を統合し「中国四国管区警察局」とするものです。
警備運用部の新設については、大規模災害や大規模警備に対応するためとの説明がされていますが、私たちの生活の身近な都道府県警察業務と異なり、警察庁の業務は少し見えにくいものとなっています。しかし、国際テロが多発したり、広域災害等、業務内容が多岐にわたることから、もう少し広報活動もされてはどうかと注文させていただきました。また、中国・四国の管区警察局統合については、直接的な国民、地域住民に対する行政サービスの提供とは異なるものの、広い意味での行政組織の再編であり、地域住民に不利益を生じることのないよう、丁寧かつしっかりとした体制の確保となるよう、要請しました。あわせて、警察業務全般について、都道府県警察が人員不足にある現状認識を大臣に質し、質問を終えました。

2019年03月28日

警察法改正案の質問に立ちます!


3月28日、今日は内閣委員会で警察法改正案の審議があります。私も質問に立ち、警察の組織改編の影響や、警察庁と都道府県警察の人材確保や働き方改革等について質します。応援よろしくお願いします!

▼3月28日(木)参議院内閣委員会
質疑予定時間;10時35分~11時

参議員インターネット審議中継はこちらです↓
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年03月28日

地方分権のあるべき姿


3月27日、今朝は立憲民主党の総務・内閣部会合同会議で、今国会に提出されている地方分権一括法案についてヒアリングを行いました。第9次となる一括法案は、地方からの提案に基づき、関係法律の整備を行うもので、今日は提案を行った全国知事会、全国市長会、全国町村会、そしてサービス提供側でもある自治労、全国学童保育連絡協議会からお話を伺いました。
今回、指摘されている点は、大きく2つあります。一つは、放課後児童クラブの職員数について、厚生労働省が定める「従うべき基準」を「参酌すべき基準」に見直すことです。自治体としては、現場の担い手不足からニーズがあるにもかかわらず事業が行えない不利益を何とか改めたい、という思いは共感できます。しかし、これまで地方により統一されていなかった基準がようやく2015年に定められたばかりであり、参酌化によって子どもを預ける環境に影響が出ないのか、子どもの安全が担保されるのか、また働く側の雇用環境や社会的地位の確保の観点から、より担い手不足とならないのか等々の指摘がされました。
もう一つは、博物館や図書館、公民館等の社会教育施設を自治体の判断により、教育委員会から首長部局へ移管することを可能にする見直しです。こちらは、移管することによる観光や地域振興等で連携がしやすくなることが期待されていますが、そもそもの政教分離の原則が懸念されています。
近いうちに、参議員内閣委員会で審議されることとなりますが、その際には、多岐にわたったヒアリング団体との質疑応答を参考に、縷々懸念される点を一つひとつ質していきたいと思います。

2019年03月27日

内閣委員会で質問に立ちます

3月20日、10時40分頃から参議院内閣委員会で質問に立ちます。今日のテーマは、2019年度予算案の委嘱審査となります。私は、ここ最近、いろいろな分野で取り上げられているAI(人工知能)について、質問します。応援よろしくお願いします?

■参議院内閣委員会
3月20日(水)10時40分~11時10分
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年03月19日